循環器内科

高血圧症

高血圧症とは

血圧は心臓から送り出された血液が、血管を通る時に受ける圧力です。上の血圧は心臓の収縮したときの収縮期血圧で、収縮期には大動脈は拡張しています。下の血圧は心臓に血液が戻るときの拡張期血圧で、この時には大動脈は収縮して全身に血液を送ります。収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上のどちらかの場合に高血圧と診断します。最近では家庭で測定することも多くなっていますが、家庭血圧は収縮期血圧135mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上を高血圧と診断します。

加齢によって血管壁の収縮・拡張機能が低下するために、加齢に伴って収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下します。高血圧では動脈硬化の進行を早め、脳卒中(脳出血、脳梗塞)、心不全、腎不全などの合併症が生じます。治療には、減塩(6g/日以下)だけではなく、適度な運動と適正体重の維持が大切です。糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞、狭心症などの合併症を認める場合にはさらに厳格な血圧のコントロールが必要です。

家庭血圧が診察室血圧より高い状態を仮面高血圧といい、一方で、家庭血圧は正常だが診察室血圧が高値の状態を白衣高血圧といいます。仮面高血圧は、白衣高血圧と比較して、治療の必要があると言われています。

また24時間自由行動下血圧を施行して、就寝中に下がるべき血圧が下がらない人や早朝起床時の急激な血圧の上昇(モーニングサージ)を認める場合には脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高いこともわかっています。

高血圧には80-90%の原因不明なもののほかに、甲状腺機能異常や腎動脈の狭窄、副腎ホルモン過剰分泌などで起こるものもあります。治療開始時には、これらの2次性高血圧を診断するために必要な検査をおこない、診断しておくことも重要です。

狭心症・心筋梗塞

狭心症とは

狭心症とは、心臓を栄養する冠動脈の血流が低下するため、胸が締め付けられるような痛みが生じる病気です。また血管内腔の狭窄に伴うものと血管の痙攣による狭心症の2種類があります。さらに血管の狭窄による狭心症は、狭窄が進行するにつれて、動いた時だけでなく、安静時にも症状が出現するようになります。

他にも不整脈や心不全などを合併することがあります。

狭心症を発症してそのままにしておくと心筋梗塞になる可能性もありますので、早期に診断・治療を行うことが大事です。

心筋梗塞とは

心筋梗塞では、心臓を栄養する冠動脈の血管内腔が閉塞してしまい、心筋への血流が途絶し、放置すると心臓に大きな障害が生じます。

心筋梗塞の痛みは、胸をおさえつけられるような痛み(圧迫感)が典型的ですが、頚部や手先のしびれ、吐き気など様々な症状を呈することもあります。

心筋梗塞による胸の痛みは、安静で改善することはなく、放置すると心臓へのダメージが大きくなるため、緊急に治療をする必要があります。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症とは

閉塞性動脈硬化症は、糖尿病や高血圧、高脂血症、透析中の患者さんや喫煙者(ヘビースモーカー)に起こりやすいと言われています。動脈硬化が足の血管で進行し、血管の内腔が狭くなったり、閉塞することにより、下肢に様々な症状(足が冷たい、歩いていると太ももやふくらはぎが痛くなる、足が痛い、足の血色が悪いなど)が現れる病気です。

また閉塞性動脈硬化症の患者さんは高い確率で、冠動脈疾患(狭心症・心筋梗塞など)や脳血管障害(脳梗塞など)を合併します。

このため、閉塞性動脈硬化症と診断された際には、これらの動脈硬化性疾患の検査を行うことが重要です。

不整脈

不整脈とは

不整脈とは、文字通り心臓の拍動するリズムの乱れのことです。治療を要する病的な不整脈もあれば、加齢や体質、疲労やストレスの蓄積、睡眠不足などが原因になることもあります。また甲状腺機能異常などでも出現することがあります。

不整脈にはあまり心配ないものと、早く治療すべきものがあります。必要に応じて安静時の心電図のみでなく、24時間記録可能なホルタ―心電図で詳しく調べて診断します。

ページトップ